« * 落陽 * | トップページ | 雲 Ⅱ »

2013年2月27日 (水)

Feb008
Feb009 Feb010 Feb011
Feb012 Feb013 Feb014
空に浮かぶもの
何のしがらみもなく
ささいな束縛もなく・・・
と、思うのだが・・・
本当にそうなのだろうか?

ただ
空に浮かぶ雲をながめるのは
すきだな。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

|

« * 落陽 * | トップページ | 雲 Ⅱ »

コメント

おはようございます。

>本当にそうなのだろうか?

・・・MArさんの作品って、いつもながら意味深ですね。
あちらはあちらで、陽に照らされ、影もできますしぃ、
強風に流されたり〜
思いもよらぬ難儀があるやも知れませんね。sweat01

のほほ〜んと見せているところがイイし、
それを察するMArさんの感性が素敵です。clover

投稿: けめ | 2013年2月27日 (水) 07時09分

 ☆ けめさん

こんにちは。

雲を擬人化して考えても、まったく意味がありません!んが!
そうやって見ていると、けめさんの仰るとおりで
いろいろ有るだろうに、のほほ~んと見せているところは
すげぇ~な!でっかいな!ですね。

「雲になりたい」なんて歌や詩があったような・・・
雲になったらなったでぇ、蒸発して消えたり雨粒になって落ちたりと
いつもいつも思い通りというわけには行かない訳でdespairsweat02

ま、妙にピンクがかった雲お写真で妄想していただけたら嬉し♪

けめさん、ありがと♪^^

投稿: MAr | 2013年2月27日 (水) 12時06分

この記事へのコメントは終了しました。

« * 落陽 * | トップページ | 雲 Ⅱ »