« Time to wait. Second | トップページ | 「幽寂閑雅の佇み」 箱根長安寺 五百羅漢 秋季上巻 »

2013年1月22日 (火)

Time to wait. Third

 

冬への手紙
13jan018
13jan019 13jan020 13jan021
13jan022
親愛なる冬へ
返信は、しなくていいです。
きっとボクは元気です。
そして待つ時間を楽しめるはずです。
幾度も幾度も通った道を
思い出しながら
また笑顔でいられるはずです。
長く長く、遠く遠く
久しい君へ 親しき君へ
13jan023
13jan024 13jan025 13jan026
13jan027
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

|

« Time to wait. Second | トップページ | 「幽寂閑雅の佇み」 箱根長安寺 五百羅漢 秋季上巻 »

コメント

乾いた草花、どれもカワイイですね!
きっとMArさんの目線が愛情タップリ、そんな気がします。
写真、全部アップで見せて頂きました^^

外に出て、枯草撮りに行きたくなったなぁ~♪
寒さに凹んだまま・・・1月はまだ2回しか撮ってナイ。。^^
早く春が来るといいねッ♪

投稿: suzu. | 2013年1月23日 (水) 09時55分

 ☆ suzuさん

枯れ草撮影。近所の公園の一角に枯れ草だらけのスペースがあります。
以前に「こんな所で撮るもの有んの?」
「えっ!はい、まぁ~」
「っへ~~ぇ!」って怖そうなおじさんに言われた事があります。
う~ん、枯れ草ってその姿だけでアートしてるしアレコレ感じ入るものもありますよね。
撮影対象も好みの問題だから別にいいんです。
でもねぇ、対象の枯れ草・花の姿を探す時や、どんな姿で撮りどんな形で引き出すのかと
試行錯誤する時間はぁ、楽しい♪

suzuちゃん、ガッツリ見てくれてありがと♪^^

投稿: MAr | 2013年1月23日 (水) 12時19分

こんばんは。
最近ブログ写真が変わりましたね。(MArさんの意識はずっと同じなのかもしれませんが)
どこにでもあるもの、何の変哲の無いものを題材にしていますよね。
いや、違いますね。
MArさんには変哲のあるものなのでしょうから。
目の付けどころに感心します。
僕も撮ってみようかな〜、なんて思いますが、感性が付いてきません。
ありきたりのもので、ありきたりではない、誰にもできない表現、期待しています。

投稿: imai | 2013年1月28日 (月) 18時51分

MArさん

こんばわ~♪
写真もステキですし
なんかこの詩が。。。weep
とっても胸きゅん(表現が古い?)ですhappy02

投稿: 琉璃亜 | 2013年1月29日 (火) 22時01分

 ☆ imaiさん

こちらでは積雪などほとんど無く、先日の大寒波の大雪でもこちらは雨でした。
なのでこんなドライなものを撮ったりしてます。

この手のモチーフも好みの差がハッキリしてくる物なのかなと思います。
おそらく見る人によっては「なんだこれ?」ってなるんだろうな。
写真好きの人などは、割と興味を示す方も居られるようですが。
写真をやっている人の目と、そうでない人の目、或いはそれぞれの意識でしょうか?
には違いがあるように感じ始めております。

写真をやっていると、こだわり過ぎるがゆえに訳の分からない方向へ向かいがちなのも
ありがち。
けれど、その写真を見る人は写真をやっている人ばかりとは限らないので
結果、チンプンカンプンな写真と受け取られてしまいがち。
かと言って、誰が見ても分かるようなお花のお写真ばかりを撮るのも飽きてしまいます。
一体何処にアンカーを置くべきなのか、思案のしどころです。

実は写真家にだって好き嫌いや得意不得意があるように見る方にも同じ事があると言うのが
やっと分かりつつある様な気がします。かなり霞が掛かっておりますが。。。
一体僕は何を言っているのでしょう?

imaiさん、意味不明でゴメンネ!今度遊びに行くね♪いつもありがと♪^^

投稿: MAr | 2013年1月30日 (水) 10時47分

 ☆ 琉璃亜さん

写真をアート側に振って見たいと思ったりします。
けど、そのアートってのが良く分かりません。。。(゜゜
差込のテキストも意味わかんない的な事になったりします。
ここの写真とテキストに反応する琉璃亜さんは
Oh!アーティストです。

もっともっとアートしようじゃないか!

僕は琉璃亜さんのコメントに胸きゅんheart04です。とぉってもありがと♪^^

投稿: MAr | 2013年1月30日 (水) 11時11分

この記事へのコメントは終了しました。

« Time to wait. Second | トップページ | 「幽寂閑雅の佇み」 箱根長安寺 五百羅漢 秋季上巻 »