« 冬変化~透ける | トップページ | Winter Focus.12の冬の華 »

2012年2月 9日 (木)

待っている・・・

 

 

12feb008 12feb009
12feb010_2
12feb011 12feb012

 

冬の森に入るでしょ
足元に 乾いた音が
サクサク サクサク

風に揺れる草木はね
厳しき寒さを 耐える色だよ
静かな森

でもね そこにはね
シャクシャク シュラシュラ
かすかな音色

あの仔が来るのを待っている
木霊達のかすかな音色

あの仔は必ずやってくる
だからみんな待っている

ただ ただ 静かに
待っている



その仔の名前は

 

 今夜は久しぶりに一杯bottle、で、↑こんなん出てきました。wink
Canon EOS 5D Mark2
TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD ASPHERICAL(IF)MACRO ModelA09E
Development & Retouch Software : Digital Photo Professional
応援のポチリに感謝いたします。→ → → にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

|

« 冬変化~透ける | トップページ | Winter Focus.12の冬の華 »

コメント

うわ〜 今回もステキ〜shine

もうね、私MArさんの記事が更新されるの楽しみなんです。
今日はちょっと出遅れちゃいましたが、やっぱり来て良かったです。

画も素敵なんですけれど、いつもながら素敵な詩ですね〜lovely
アルコールが入っても、次々と奇麗なフレーズが浮かぶんですね。
あっ、bottleが入ると、更に冴えちゃうのかしらwink

個人出版とか作品を世にお披露目されないんですか?
それとも、もぅ何らかの形で世に出ているのかしらん。

投稿: けめ | 2012年2月 9日 (木) 14時37分

 ☆ けめさん

わひぃ~!
お銚子一本ほろ酔い気分で書いた自分のテキストが
えらくコッパズカシイです。
ひょっとしてココの管理人は妄想癖?と思われてもしかたないかも!
あっ、妄想癖あるのかな?・・・

出版など、とてもとても!
このBlogで細々とやるのが精一杯ですよん。
先々何か形に出来ればと思ってはおりますが
僕の写真、テキストなどは今現在、ふらついてばかりで
これぞと言うテーマも決まっておりませんですし。
ま、趣味写真の流し込みBlogとしてはこうやって
閲覧してくださる皆様がそれぞれの観点で楽しんで頂ければ
十分なのでございます。

更新を楽しみにしていると言うコメントは
ホントにありがたく、励みになりブロガーみよりに尽きると言うものです。
けめさん、温かなコメントをホントにホントにありがとぉ~♪^0^
けめさんのBlogもチェックしてまっせー!
お互いぐぅわんぶぁりまっしょーーー♪^0^)/

投稿: MAr | 2012年2月 9日 (木) 22時13分

あれれれっ? 今夜もbottle入ってますか〜?(笑)
うそうそ!お世辞抜きで「イイ」と思うんですから。
まったくの素人眼でスミマセーン。
MArさんのペースで、またアップして下さいね。
では、おやすみなさーい。Zzzzz

投稿: けめ | 2012年2月 9日 (木) 22時35分

こんにちは。
春の訪れを感じる写真たちがとても魅力的です。
小さな息吹きに気がつくとても繊細な視点をお持ちですね。

投稿: matsu | 2012年2月 9日 (木) 22時59分

 ☆ けめさん

あはは(^0^
お銚子bottleはホントたまぁ~に、一本だけ寝酒程度なんです。
けど、日本酒の美味さを感じ始めたのはココ最近。
それまではビール党beerだったのですが、年のせいか
ビールを飲むと身体が冷えてね。

写真やテキストを気に入ってもらえて嬉しいです。
人に気に入ってもらえたり、気にしてもらったりは
元気付けられますね。ホントにありがたい事です。

長い目で見てやってください。今後とも宜しくです。(^^
けめさん、沢山のコメントありがとぉ~♪

投稿: MAr | 2012年2月10日 (金) 12時00分

 ☆ matsuさん

寒い寒いと言っても、matsuさんの所からすれば
まるっきり春の陽気の静岡です。
なので雪やら氷やらは過敏に反応して撮り撒くってしまいます。

繊細な視点だなんて、嬉しいお言葉をありがとうございます。
舞い上がっちゃいます。
matsuさんのBlogで知ったピクトリアリズムやストレートフォトグラフィーの事
とても勉強になりました。
写真の表現に固定観念を持つと自分の表現の幅を狭くするだけだと
僕は思います。ただ、どんな表現方法があるのかが勉強不足の為、ジレンマです。
matsuさんの作品の表現にはとても関心がございます。
ただぼんやりしたり、ノイジーだったりではなくて
やはりしっかりしたベースの画の構成があってのピクトリアリズムへの方向性でなければ
見る者にも何も感じてもらえないかと。
そのあたりがmatsuさんの作品はしっかり出来ているので
見た瞬間に心を動かせるのだと思います。

僕などはマクロ的な描写が好みなので、何を撮るにしてもその撮り方に寄りがちです。
時にそれが邪魔な時もあります。つまり似た写真が大量発生するのです。
まったく、イヤになることもしばしば。これもジレンマ。
あ、なんだかグチっぽくなってきました。。。
ま、また楽しく精進いたします。

matsuさん、コメントありがとうございます。二人展、展示会頑張ってください。

投稿: MAr | 2012年2月10日 (金) 12時41分

この記事へのコメントは終了しました。

« 冬変化~透ける | トップページ | Winter Focus.12の冬の華 »